青汁効果なし

MENU

青汁効果なし?ほんとのところどうなの?

青汁をどのような目的で飲むのか

健康を維持するために、私たちの体は毎日多くの栄養素を必要としています。もちろんベストなのは、一般の食品から必要な栄養素を十分に摂取することです。しかし普通の食品からでは、摂取できる量がどうしても限られてしまうものです。たとえば、野菜からミネラルやビタミン、さらには食物繊維を毎日何百グラムも摂取することには相当無理があると言えるでしょう。そこで、これら必要な栄養素を補うという目的で、青汁を飲むことができるのです。つまり青汁を飲む主な目的は、病気の治療のためなどではなく、健康維持や健康増進のためであって、あくまでも補助的なものなのです。青汁の主な材料は、明日葉、ケール、また大麦若葉といった野菜です。これらの野菜には、体に不可欠なミネラルやビタミン、また食物繊維が豊富に含まれています。実際、汁状の形にして飲めば、比較的少ない量で必要な量を摂取することができるため、利用しやすい補助的食品と言えるでしょう。もちろん健康維持や健康増進のためとは言え、青汁の摂取に適さないと言われる人がいるのも事実です。それで、仮に何らかの病気を患っているなど、摂取に心配のある方は、医師に相談することが勧められています。

青汁の効果がない理由を考える

青汁にはたくさんの栄養が含まれていますが、飲んでいるすべての人が必ず効果を実感できるわけではありませんし、中には青汁を飲み始めたのに、すぐに効果が実感できないことから効果なしと判断して飲むのをやめてしまう人もいるかもしれません。すぐに効果が実感できない理由として、青汁にはいろいろな種類がありますし中には効果が実感できるまでに時間がかかるものもあります。そのため、飲み始めたのにすぐに効果が実感できないからといっても簡単に効果なしと判断するのではなく、しばらく時間がかけて飲み続けることで少しずつ効果が実感できる場合があります。そして、青汁に含まれる野菜や栄養などによって期待できる効果には違いがありますし、健康や美容目的など飲む人が求める効果などもそれぞれ違いますが、飲むことで期待できる効果と飲む人が求めている効果が合っていなかったり効果を過剰に求めてしまっていると、飲んでいてもなかなか効果が実感できずに効果なしと感じてしまう場合があります。そのため、効果を実感するためには健康や美容など求めている効果に合った栄養などが含まれているものを選ぶ必要がありますし、効果を過剰に求めないことも大切です。

青汁に求める効果とは

青汁にはケールと呼ばれる野菜の成分が豊富に配合されているため健康維持をはじめ健康増進に非常に高い効果があります。
こうしたケールの持つ成分は野菜の中においても特に多い上に上質であるというのが特徴です。
ケールの持つビタミンAやビタミンCの成分が青汁の中に豊富に配合されているためビタミンAをはじめビタミンCなどを十分に補うことが可能です。
ビタミンAは粘膜を良好に保つ働きがあるため、胃腸の調子が整いますし、同じく粘膜で生成されている目も乾きなどの症状が解消されます。
そして、ビタミンCが持つ美肌効果によりニキビやシミが発生しにくい肌の環境を生み出すことができます。
通常よりもコラーゲンの成分をより一層増やした青汁も販売されているため状況に応じて選択するというのも良いでしょう。
さらに、ビタミンEも豊富なため年齢を重ねていくうちに体調が優れないということが気になり始めた方に最適です。
ビタミンEは抗酸化作用が高いため血行を良好にしてくれる上に、良好になった血管により栄養が十分に届くため細胞の老化も予防することができるのです。
加えて食物繊維も多いため腸内環境が正常化し慢性的な便秘の症状などに悩まされていても解消することができます。

青汁でも含まれている成分・栄養素が違う

青汁は、さまざまな栄養素を持つ緑の葉物野菜をメインに摂ることができます。主原料にはケール、大麦若葉、小松菜、ブロッコリーの他に明日葉、ほうれん草など数々あります。しかし、どの野菜を選ぶのかによって摂る栄養素も変わるので何を自分の身体に主成分として補給するのが良いのかを考えなければなりません。青汁の材料のケールは、カルシウムやビタミンCが中心に多く含まれています。苦みが強く飲みにくいですが、飲酒の多い人にはアルコール代謝を促すことや睡眠にも良いと言われています。大麦若葉は食物繊維が豊富で鉄分やミネラルなども含まれ、飲みやすさの面では人気があります。小松菜はビタミンAやカルシウムが多く含まれ、免疫力アップの効果に繋がります。各野菜のブレンドの仕方や蜂蜜、乳酸菌などサポート成分が加わると、相乗効果が増すことや飲みやすくなるなど変わってきます。それぞれに目的を持ち、自分に足りない栄養を把握して青汁の違いを知り摂取しないと台無しになるので、再度見直して選ぶことが大切です。青汁は健康や美容に良いと言われますが、万人向けではなく病気によっては、含まれている成分や栄養素が逆に悪影響を及ぼすこともあるため、病院にかかっている場合は医師に相談や確認することが必要です。

青汁の効果的な飲み方

毎日の生活の中で野菜不足な人や、健康に気を使っている人におすすめの青汁は、私たち人間に体に必要な様々な栄養素を含んでいる非常に栄養価の高い飲み物です。

 

そんな栄養たっぷり飲み物であるなら、できることなら効率良く体に吸収したいと思うものでしょう。
実は、青汁を飲むのに効果的な飲み方というのが存在することをご存知でしょうか。

 

基本的には、薬でないため食前食後など決められて飲むものではないのでいつ飲むのも本人の自由になりますが、目的別に合わせて飲むとさらに青汁のよさを発揮できる方法というのがあります。

 

まず、便秘を解消したくて飲む人は就寝前に飲むことで次の日腸がすっきりして目覚めることができます。
ただ、寝る直前に飲んでしまうと腸が活発に動いてしまい帰って眠れなくなる可能性があるので注意しましょう。

 

栄養不足の解消のために飲む場合には、朝起きてすぐに飲むのが効果的です。
睡眠中は汗をかいたりエネルギー消費が行われているので朝起きてすぐに飲むと非常に吸収率が良くなります。

 

また、ダイエット目的で飲む場合には、食事前に飲むのが良いとされます。
栄養素が豊富である他に食物繊維も多く含まれているので、食事の前に先に飲むことで満腹中枢が刺激され血糖値の上昇率も緩やかになります。

 

青汁を飲むのに大切なことは、続けて飲んでいくことなので、健康や美容のためにも継続して飲むことをおすすめします。

青汁比較

私も青汁を飲んでいるのですが具体的な効果というのはわかりにくい部分もありますが私は十分に感じているところです。
あと成分的にみても十分価値があると考えていますので飲んでいます。
青汁を飲みたい、今まで飲んでいた青汁ではなく違う青汁を飲んでみたいという方はこちらの青汁比較で様々な青汁を紹介しているので参考にしてみてはどうでしょうか。